2014年6月8日日曜日

1.はじめに 


日本で普通に生きて来て、

「祈る」という言葉を聞いた途端、すぐに出てくるのは、

「宗教的」「信仰的」「迷信的」「非現実的」「他力本願」「無力」「無責任」

といったイメージでしょう。

私もそのようなイメージを持っていました。

日本とアメリカで、SE、PG、ソフトウェア・エンジニアとして働き、

バリバリと実用主義を闊歩してきた私にとって、宗教や祈りといったものは無縁でした。


2006年にインドの聖地、リシケシを一旅行者として訪れ、

そのままインドに居つくようになって以来、

「祈る」という行為は、毎日私の生活の中にあります。


祈りが私を成長させてくれ、

また、私の祈りも成長しました。


「祈り」と共に成長してきた私の理解を、皆さんとシェアしたく、

このブログを始めました。

私の言葉が、自己と世界の理解をより明るくできますように。




目次へ戻る>>

Medha みちかのweb sites

  • 2018年のざっくりした予定&サンカルパ - 日本に腰を据えながら、世界を飛び回るぞ! (2月までの予定はこちら) 2月にリシケシ、コインバトールに滞在して、執筆やキャンプをした後、 3月上旬は、ウブドに2週間ほど滞在して、バリのヒンドゥー文化に触れながら、 ゆっくり独りで執筆に耽ろうと思っています。 バリのサンスクリット研究事情も大学等を訪問しで視察...
    1 週間前
  • 87.毘沙門天の原型、クベーラ(कुबेरः [kuberaḥ])について - 日本語の「毘沙門天(びしゃもんてん)」は、 サンスクリット語の「ヴァイシュラヴァナ(वैश्रवणः [vaiśravaṇaḥ ])」から来ています。 ヴァイシュラヴァナとは、お金を司る神様「クベーラ(कुबेरः [kuberaḥ])」の別名で、 「賢者(リシ)ヴィシュラヴァスの息子」という意味です。 ...
    1 週間前
  • パーニニを勉強する際には、 - 必ずアシュターディヤーイー・スートラパータ(अष्टाध्यायीसूत्रपाठः)を 手元に置いて見比べながら勉強してくださいね インドでも世界中の大学院でもそうですが、 努力してもパーニニの脳みそをゲット出来ていない人々に共通することは、 スートラパータ無しに勉強しているということです。 スートラパータ...
    1 か月前
  • 天国のよう(ヘヴンリー)な甘味。。 - アシュラムに住んでるネフロロジスト(腎臓内科医?透析とか麻酔するお医者さん)のグル・マハラージ兄さんが、ケララにある有名なヴィシュヌテンプル、グル・ヴァーユに参拝して来たプラサーダム。今晩ダイニング・ホールでアシュラムに住む皆に配ってくれました。 今日は晩御飯は私が最後だったので、残りのプラサーダムをカト...
    2 か月前
  • エーカーダシー・カレンダー 2017年~2018年  - 新月/満月から数えて約11日目は、エーカーダシーと呼ばれる日で、 ファスティングして心を清めるのに良い日とされています。 こちらをご参考に: エーカーダシーとは エーカーダシーをするときは、サンカルパが大事です。 心も身体も清潔に、モウナムを心がけて、 チャンティングやジャパなどをして過ごしましょう。 ...
    4 か月前
  • 質問11: ベジタリアンになって栄養失調になった人の話を聞きます。 - そのような例がブログで紹介されていたりしますが、 オルトレキシアの良い例のようですね。 オルトレキシアとは、 ”極端もしくは過度な先入観によって引き起こされる摂食障害や精神障害” (Wikipediaより) 世界で何億人という人が、何世代も、肉や魚を食べずに、 健康で楽しく生きている現実を無視して、 ほん...
    10 か月前
  • 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 を発刊しました - [image: http://amzn.to/2dG8big] 本日10月11日のヴィジャヤ・ダシャミーという吉日に、 新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 のKindle版を発刊し、 紙の書籍版『サンスクリットの祈りの詩節集』(白黒・カラー)の入稿を済ませました。 音源はこちらからダウンロードできます。 ...
    11 か月前